文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

農地の石垣守れ協力隊員が実習 南牧 

更新日時:2017年10月11日(水) AM 11:00
 斜面の農地を維持するために築かれた石垣を積む技術を身に付けようと、群馬県南牧村地域おこし協力隊の4人が10日、村内のコンニャク畑で村民から石の積み方を教わった。

 青木健太郎さん(70)=大塩沢=の畑で崩れかけた幅約3メートル、高さ約1.1メートルの石垣を壊し、一から積み上げた。青木さんに「一つの石が5、6個の石と接するように」などとこつを聞きながら、数十キロある大きな石や小石をパズルのように隙間なく積んだ。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

石積みに汗を流す協力隊員