文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

ゆかりちゃん不明21年 両親「必ず帰ってくる」 

更新日時:2017年7月8日(土) AM 11:00
 群馬県太田市内のパチンコ店で1996年に大泉町の横山保雄さん(50)、光子さん(51)夫妻の長女、ゆかりちゃん=当時(4)=が行方不明になった事件は、7日で発生から21年を迎えた。事件を風化させまいと、2人は積極的に街頭活動に参加し情報提供を呼び掛けている。

 「必ず生きて帰ってくるという思いだけで過ごしている」。2日のイオンモール太田での街頭活動で、保雄さんは「娘を捜しています」と買い物客一人一人に呼び掛け、ゆかりちゃんや重要参考人の男の写真を載せたチラシを配った。まな娘の無事を願い、「見つけるまで声を上げ続けたい」と力を込めた。

 光子さんは成長していく次女と三女に、ゆかりちゃんの姿を重ねることがあるという。「毎日忘れることはない。一日でも早く帰ってきてほしい」と話し、「重要参考人の男をいま一度見返し、小さなことでも気付いたことがあれば警察に連絡を」と訴える。

 捜査本部がある太田署の星野貴司署長は「得た情報は確実に捜査し、一日も早いゆかりちゃんの保護、事件の解明を目指す。そのためにこれまで以上に広く情報提供を呼び掛けていく」と話している。県警に寄せられた情報は6月末までで累計4220件。有力な情報提供者には警察庁の捜査特別報奨金と、太田遊技業防犯協力会の謝礼金が計600万円(上限額)支払われる。情報は太田署の捜査本部(フリーダイヤル0120-889-324)へ。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。