文字サイズを変更する
小
中
大
 

イベント情報

  • 5月28日
  • (皐月さつき)[日曜日]
  • 先勝 乙卯 一粒万倍日 旧暦:5月3日 月齢:2.28

手作り紙芝居講座
開催場所
沼田市立図書館
問い合わせ
0278・22・0550(沼田市立図書館)
 25日・6月14日・7月20日・8月18日・9月27日の全5回。時間はいずれも13~16時。講師は子ども文化研究家の中平順子さん。紙芝居の話の作り方や脚本づくり、脚本から絵を描く方法などを学ぶほか、参加者の作品発表も行う。事前に申し込む。


憲法を学ぶ会特別講習会
開催場所
みどり市笠懸公民館
問い合わせ
?090・3915・4551(みどり市笠懸公民館)
 憲法が生活にどう役立っているかを、学び、考える。弁護士の村越芳美さんが「憲法と国民の権利」と題して講演。共謀罪の問題点などを考える。6月18日は「憲法と教育」、7月9日は「憲法と生存権、人権」のテーマで、いずれも同公民館で開催。資料代各回300円。  時間は13時半~15時半。


第31回モスリンバロックコンサート
開催場所
館林市第二資料館
問い合わせ
0276・75・3888(大西維津子さん)
 古楽器演奏グループ「コンセール アザレ」が出演。チェンバロやビオラといった古楽器でビバルディ、バッハの名曲を披露する。先着80人。整理券が必要で同館で配布している。14~15時


おおたアカデミーオーケストラ ファミリーコンサート
開催場所
太田市新田文化会館
問い合わせ
0276・45・9966(おおた芸術学校)
 おおた芸術学校のオーケストラ科、付属オーケストラ「ジュネス」の講師らでつくるプロオーケストラ。1部は「歌劇『フィガロの結婚』序曲」や「序曲『1812』」のほか、前橋市出身の作曲家・福島弘和さんが書き下ろした音楽と語りで絵本「いのちをいただく」を披露。2部はグレン・ミラーの名曲や映画音楽をメドレーで演奏する。指揮者の矢野和弘さんが解説する。指定席一般1500円・当日2千円など。14時


ツツジの子房摘み体験
開催場所
館林市・つつじが岡公園
問い合わせ
0276・72・6718(館林市つつじが岡公園課)
 ツツジの新芽に養分を行き渡らせて、来年きれいな花を咲かせるため、ツツジの子房を摘み取る。作業しやすい服装、帽子や軍手を持参する。10時半~12時。電話で申し込む。


第4回ぎゃらりーマルシェ☆「食のマルシェ」の3日間
開催場所
前橋市・ぎゃらりーFROMまえばし
問い合わせ
027・232・6838(ぎゃらりーFROMまえばし)
 同市の農産物生産者が、野菜や米といった農産物、ジャムやソーセージなどの加工品を展示販売。生産者自らが話すスペシャル・トーク(27日「卵のはなし」、28日「麹のはなし」)を、それぞれ14時から開催する。


猫毛祭りin太田2017
開催場所
太田市・今井酒造店ギャラリー
問い合わせ
0276・22・2680(太田市・今井酒造店ギャラリー)
 19日~28日の11~17時。ブラッシングで集めた猫の毛を使ったフェルトの祭典。猫グッズ作品や猫毛フェルトのキット、テキストを展示販売する。
 猫顔マスコットと猫毛ポートレート(20日)、人形(初級は20・21・28日、中級は28日)を作るワークショップ(有料)、動物愛護活動に取り組む「アニマルフレンド」の写真展やトークショー(27日)、チャリティー販売も。22・23日休み。27日14~15時はライブのため入場不可


世界を変える高速連写!!ミラーレス一眼講習会
開催場所
前橋市・県庁昭和庁舎
問い合わせ
027・232・7575(ワカイカメラ)
 13時半~16時。講師は写真家で星景写真などの撮影のほか、写真教室講師や執筆活動に取り組む中村貴史さん。ミラーレス一眼カメラの効果的な使い方についての講義、モデル撮影を行う。SDカードを持参。カメラの貸し出しもある。定員15人。予約が必要。


風花展&オープンガーデン
開催場所
前橋市・陶房風花
問い合わせ
090・4364・8750(角田京子さん)
10~16時。9人の手作り作家が集まり展示即売会を開催。七宝焼、陶器、リメーク服、洋服、裂き織りや染めのバッグ、和小物、グラスアートといった作品が並ぶ。バラが見頃となる期間中は角田さん夫妻が手作りしている約千平方メートルのナチュラルガーデンも楽しめる。アジサイが見頃となる6月17、18日にも開催。駐車場はなんきつ聖苑を利用できる。


第13回桐生市南公園野鳥観察会
開催場所
桐生市
問い合わせ
0277・52・3456(南公園管理事務所)
 6時から、同管理事務所前で受け付け。桐生自然観察の森レンジャーの寺内浩さんを講師に迎え、園内を散策しながら野鳥観察を楽しむ。長袖、長ズボン、運動靴着用で、あれば双眼鏡を持参する。6時半~8時


長野堰用水の記念展示会
開催場所
高崎市歴史民俗資料館
問い合わせ
027・352・1261(高崎市歴史民俗資料館)
 高崎市内を流れる長野堰は約千年前に造られ、人々の暮らしを支えてきた。同市と堰の移り変わりが分かる絵や図、江戸時代や明治時代の長野堰用水と城下町を再現したジオラマなどを展示。昨年、世界かんがい施設遺産に登録されたことを記念した展覧会。5月28日まで。月曜休館